生活習慣(食事療法、運動療法)で血圧を下げる

生活習慣を見直して、血圧を下げましょう

生活習慣を見直して、血圧を下げましょう

生活習慣を見直して、血圧を下げましょう

初診の際の高血圧管理計画(高血圧治療ガイドライン)において、生活習慣の改善が求められることはもちろんのこと、降圧剤(降圧薬)使用後においても、生活習慣を改善することで降圧薬を減らすことができ、副作用の心配などを減らすことができます。

医師に向けて書かれた『高血圧治療ガイドライン2009』でも、「原則として、すべての高血圧患者に対して生活習慣修正の教育・指導を行う」と述べられており、あなたが血圧コントロール目的で病院を訪れた際、いの一番に医師からいわれることは、ここで紹介する「生活習慣の改善」であることは間違いありません。

さあ、生活習慣を見直して、血圧をコントロールしましょう。

■ 食事療法、運動療法、その他生活習慣の修正

1. 減塩 (食塩制限)

減塩

6g/日 未満

食塩の摂取量が血圧上昇と密接な関係にあることは、以前から数々の研究によって知られています。
また、研究論文によれば、減塩は、「減量(体重減)」、「運動」、「節酒」に比べても、もっとも効果的に血圧の低下に貢献しています。

日本における平均食塩摂取量は10g/日を超えているともいわれており、これを6g/日未満に制限することは、かなりな努力を必要とすることも事実です。

2. 食塩以外の栄養素

野菜、果物、トマト

野菜、果物を積極的にとりましょう

コレステロール飽和脂肪酸の摂取を控えましょう

・魚(魚油)を積極的にとりましょう


3. 減量 (体重減)

メタボ,メタボリックシンドローム,男性

BMI 25未満を目標にしましょう

※ BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

・腹囲

    男性85cm未満
    女性90cm未満

4~5kgの減量で血圧が下がることが統計的に示されています

4. 運動

運動、減量

中程度の強さの有酸素運動を中心に定期的に行いましょう。(毎日30分以上を目標に!)
心血管病のない高血圧患者が対象で、リスクの高い患者は事前にメディカルチェックを行い、医師と対策を講じます。

5. 節酒

ビール,酒,禁酒,節酒

エタノールで

    男性:20mL/日以下
    女性:10-20mL/日以下

男性の1日あたり飲酒量目安(エタノール20-30mL)

酒の種類 量の目安
日本酒 1合 (コップ一杯)
ビール 中ビン1本
焼酎 0.5合弱
ウィスキー、ブランデー ダブル1杯
ワイン 2杯弱

6. 禁煙

禁煙

受動喫煙によって周囲の非喫煙者にも被害が及びます。
禁煙補助薬なども考慮し、禁煙を推し進めるべきでしょう。